利確タイミングを逃す


今日の日経平均・TOPIXは共に小幅反発となりました。 昨日のNY市場の地合を受けてプラス圏からのスタートとなった東京市場ですが、前場は比較的大きな幅での揉み合いという感じの動きとなりました。 後場に入ってからは寄り直後は高かったものの、その後は急速に値を下げる展開となりました。 昨日の終値付近になると下げ止まり揉み合いとなり、そのまま大引けを迎えています。
今日の後場の下落要因としてはイランが中長距離ミサイルを試射したとの速報が流れた事により、地政学的リスクが改めて認識される形となり急速に売られる展開になりました。

本日のデータ
日経平均終値
  13,052.13 +19.03 +0.15%
TOPIX終値
  1,285.53 +2.02 +0.16%
東証一部規模別
  大型株指数 +4.18 +0.31%
  中型株指数 -1.63 -0.13%
  小型株指数 -0.77 -0.05%
日経平均プラス寄与度上位
  三井不動産 +4.71
  ソフトバンク +4.30 +9.02
  ファーストリテイリング +3.69 +12.71
  ファナック +3.69 +16.40
  武田薬品工業 +3.69 +20.09
日経平均マイナス寄与度上位
  京セラ -6.97
  コナミ -6.97 -13.94
  セコム -3.28 -17.22
  セブン&アイ・HD -2.87 -20.09
  テルモ -2.87 -22.96

今日も上昇を確認してからサイバー・コミュニケーションズに買いで入ったのですが、思ったほど上昇せず薄利で利確すれば良かったのですがタイミングを逃してしまい、結局損切り。 う〜ん… まぁ、損切りした後で100株単位での投げ売りが何度も出てきた事を考えると最終的な判断は良かったんだけどね。 でもなぁ、先日もそうだけど利確タイミングを失って損切りというのは、本当に勿体ない事をしたなぁ。

サイバー・コミュニケーションズ(4788 30株 持ち越し
サイバー・コミュニケーションズ(4788 10株 57,000買い 56,900売り -1,000円

というわけで、今日の状況は以下の通り。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です