遂に11,000円台へ

LINEで送る
[`evernote` not found]

今日の日経平均・TOPIXは共に大幅続落となりました。 昨日のNY市場の地合を受けてマイナス圏からのスタートとなった東京市場ですが、前場は寄り直後から急落となりました。 9時半頃に下げ止まると揉み合いとなりましたが、アジア市場がオープンすると共に、再び下落となりました。 後場に入ってからは寄り直後に一時11,700円を切る場面が見られたものの、値を戻し11,800円台での揉み合いとなりました。 しかし、大引けにかけて値を下げて11,800円を切ったところで大引けを迎えています。
今日のところは朝一で入ってきた、JPモルガン・チェースによるベアー・スターンズの買収と、FRBによる公定歩合の利下げなどのニュースが、かえって金融不安を招いた事から悪材料となりドルが急速に売られる展開になった事の影響が大きかったと思われます。 ドル円は一時95円台に突入する場面も見られ、非常に厳しい状況になっています。
また、リンク債のノックイン価格が11,800円台に多数並んでいる事も下げを加速させたとも言えるかもしれません。 これより下だと、11,600〜11,400に多数並んでいる事から、11,400円くらいまでは下げる事が予想されます。

本日のデータ
日経平均終値
  11,787.51 -454.09 -3.71%
TOPIX終値
  1,149.65 -43.58 -3.65%
東証一部規模別
  大型株指数 -50.75 -4.07%
  中型株指数 -38.50 -3.15%
  小型株指数 -36.11 -2.32%
日経平均プラス寄与度上位
  住友金属鉱山 +2.26
  東海カーボン +1.27 +3.53
  オークマ +0.62 +4.15
  ヤマトHD +0.41 +4.56
  東邦亜鉛 +0.21 +4.77
日経平均マイナス寄与度上位
  ファナック -14.38
  京セラ -13.15 -27.53
  アステラス製薬 -12.74 -40.27
  ソフトバンク -12.45 -52.72
  NTTデータ -11.92 -64.64

全力で捕まっているサイバー・コミュニケーションズは、約半分が利確できました。 野村證券がレーティングを上げてくれたおかげで、後場に入ってから急上昇でストップ高張り付きとなり、低い価格で建てたものを利確できました。 その後、サイバーエージェントにチョットだけ入って手数料分を稼いでみました。 とりあえず、ホッとしています。

サイバー・コミュニケーションズ(4788 20株 持ち越し
サイバー・コミュニケーションズ(4788 17株 持ち越し 58,100売り +28,000円
サイバーエージェント(4751 5株 125,000買い 126,000売り +5,000円

というわけで、今日の状況は以下の通り。

LINEで送る
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です