全てはバーナンキの肩に…


日銀は政策金利が超低金利のため利下げ対応は出来ず、今回の政策決定会合では金利据え置きを決定した。 ドイツ連銀総裁は「ECB(欧州中央銀行)は高インフレを容認しない(=金利は下げない)」という発言をした。 結果として、バーナンキFRB議長の肩に全てを預ける形になった。
世界同時株安(暴落)の状況を打破するためにはマーケットに対して何らかのサプライズが必要になっている。 日本も欧州も「サプライズを提供できない」という意志を明確にした以上は、大元のアメリカがサプライズを提供する責任を持たなければならない。 本日、何らかのサプライズがなければ明日以降も世界同時株安(暴落)は止まらないだろう。
既に、欧州のマーケットはバーナンキFRB議長によるサプライズを株価に織り込み始めている。 何もなければ、マーケットの失望は想像を絶するものになるだろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です