会社を辞めた理由(わけ)


そのうち書き込みをする機会があるでしょうね。 現段階で一つだけ言えるのは、人事・総務部門の人間が、休職したときの収入保障として健康保険の「傷病手当金」の制度を知らないというのは、自分達の職務を全うしてない(職務怠慢)ということは言えるのだろうなと思っています。
この制度、ファイナンシャル・プランナーの勉強をしていて知った制度で、逆に言えばファイナンシャル・プランナーになりたいと思わなければ知ることもなかったであろう制度。 このような重要な制度を知らずして「休職になったら無給になる」と言い切る人事・総務部門がある会社は将来的にもヤバイでしょ。
「休職したら一切の収入が無くなります」と言われたら、普通は「退職して退職金で生活しよう」と考えるよね。 ましてやメンタル系の病気は長期戦(&原因を根本から絶つ)が避けられないので、年単位で考えないといけない。 1年半は休職できるけど「一切の収入がない状態」では生活していけませんからね。 少なくとも、人材というものを大切に思う会社ではありえないよ。 「傷病手当金」の話が一切出てこないなんて…


2 thoughts on “会社を辞めた理由(わけ)

  1. エイトマン

    家の会社、資金難の理由で、
    福利厚生の制度は
    どんどん廃止されてます。

  2. pismo

    健康保険は福利厚生ではないですよ。
    健康保険への加入は国民の義務なので、必ず入っているはずです。
    会社の都合で廃止は出来ません。
    組合健保でなければ政管健保に必ず加入しているはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です