Winny厨


全住民の情報流出、2万8千人約14万件に 愛媛・愛南」(asahi.com)
散々世間で騒がれているのに、なぜ無くならないのだろうか? 先日の北海道新聞社のバカと言い、今回の業者と言い、何度同じ事を繰り返せば気が済むのだろうか?
そもそも、なぜWinnyを使わなくてはならないのだ?
業務ですか?
違いますよね?
業務でヤミで流通しているものを収集するなんてありえない話だし、ましてやセキュリティをしっかりしていないPCを業務で使うなんてありえない話だ。 とすると、単に個人的興味で「違法に流通しているソフト(映像、音声含む)」を入手しようと企んでいるか、それとも「流出してしまったエロ画像」を入手しようと企んでいるか、どっちかだ。
いずれにしても社会人としては褒められたものではないし、特に前者は遵法意識に欠けているのだから褒められたものでないどころでは済まない。 学習能力のないWinny使いは取り締まりの対象にして、全員しょっ引いて貰いたいものだ。 開発した人間だけが罰せられて、実際に違法な行為をしている人間は罰せられない。 法治国家としては、あってはならない話なのだ。
警察のネット犯罪取り締まり部門では既にWinny使いの元を辿るところまでは出来ていると聞いている。 ならば、これ以上の情報流出を防ぐためにWinny使いを一斉にしょっ引くべきだと思うのだが、いかがだろうか?


3 thoughts on “Winny厨

  1. エイトマン

    まだ、使っていたとこあったの。
    信じられません。
    あんな、危険なソフトをまだこりずに。

  2. ま☆ろ

    職場でのPCの私的利用は横領に等しいですからね。うちの会社はバレたら、即、解雇です。

  3. pismo

    職場のPCの私的利用に関しては普通そうでしょう。
    勝手にソフト入れると器物損壊(=違法行為)に当たるし…
    前の会社にもいたな〜。
    部長とかいう役職でいながら何度注意しても守らない奴。
    人事にチクレば良かったよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です