現状…

LINEで送る
[`evernote` not found]

別館の方にも書いたが、今週は1週間のウチで4日間も休んでしまったので明日は上司から強制的に休みを取らされることになった。 さすがに1週間も休むと会社的には診断書が必要になってくるので、緊急で病院へ行ったときに診断書を書いて貰った。 担当の先生、悪筆なのかワープロ打ちなんですが… 病名は「心身症」 一般的なストレスとか鬱とかパニック障害とか神経系全般を指す病名らしいです。
で、なんでこんな事になったのかというのは自分でも気が付いているのですが、ツレに話すと「甘えだ」とか言われるので話していません。 理由は、世間一般からすると当たり前のことなのですが「会社へ行くのが義務化してきた」からなのです。
以前いた部署では、ある意味、仕事を楽しみながらやっていました。 趣味と実益を兼ねた部分もあり、また自分の知識を活かして新たな挑戦をどんどん出来る職場だったので楽しめたと言うこともあるのでしょう。 でも今の部署は、自分にとっては何も出来ない部署であり、楽しみながら仕事を出来る部署ではないのです。 楽しくない部署では決してありません。 仲間と馬鹿話をしながら和気藹々とやっていますので、職場の雰囲気は非常に良いし、楽しい部署であることは間違いのないところです。 でも何かが違う。 仕事のやりがいというか、自分の知識を活かして、自分の知識をもっと深く追求して、と言ったようなことを求められる部署ではないのです。 だから、仕事が自分にとっては義務化してきているのだと言えるとおもいます。 そして、それがストレスになって今の状態になってしまっていると言うことなのです。
では、今の状況を打破できるのでしょうか?
何とも言えません。 症状的には軽いので重い鬱患者のように出社停止とかいうことは医者に言われることはありません。 ただ、完全には治らないとは言われています。 苦しみを半減することは出来るでしょうが、治すことは出来ないと一番最初に言われています。 そして、今はそれを目標に投薬治療をしているところなのです。 根本原因が厳然として目の前にあれば、それを排除しない限り完治は出来ないでしょうし、その原因が会社人事から来ているものだとすれば原因の排除をすると言うことは人事の考えに左右される問題でありますから何とも言えないのです。
ということで、まだまだ苦しみながら生活していく日々が続くのです。

LINEで送る
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です