投資スタイル(2006.10.現在)


今現在の資産としてはネット系銀行の円預金に58.8%・外貨預金に7.2%、地元地銀の円預金に8.5%、株に17.5%、残りは現金他となっています。 そのうち株投資に関しては次のようなスタイルを採っています。
9月末までは株主優待とか配当を中心に考えて、チャート上での値動きとか傾向とかで売買をすることが多かったと思います。 それ故、自分が知っている銘柄とか雑誌に載っているような銘柄に頼る傾向がありました。 最初は、それでも十分収益を得ていたのですが、ある時点から行き詰まり結局損切りをすることが多くなってしまいました。
10月に入ってからは、有償ツールを使うことにしました。 ただ、世の中の投資系有償ツールはピンキリで非常に高価なものから安価なものまで千差万別です。 ただ、試用をすることができないものが多く採用に踏み切れないものが非常に多いのも事実です。 その中で試用が出来て、それなりに安価なものとして選んだのがサイバーエージェント系の会社がやっているLaQoo+というツールになります。 これで、多くの銘柄から数十件程度に絞り込んでからチャート分析を行うようにしています。
チャート分析も単に値動きと傾向だけではなく、RSIとかボリンジャーバンドとの関係なども併せて分析するようにしました。 それらの合わせ技で、だいたい数件程度に絞り込むことが出来ます。 あとはチャートとにらめっこ&勘で1〜2銘柄に絞り込むことになります。 買いの銘柄はこのように決めています。
売りはLaQoo+の転換サインを参考に、値動きと共に総合的に判断します。 ここの部分に関しては非常にメンタルな面も入るため「弱気になって売ってしまう」とかいう事も多々ありますが、損切りというケースは少なくなってきています。
結果としてLaQoo+の使用料を上回る収益を上げることが出来るようになってきていますので、当面は現在のスタイルを続けようかと思っています。 あとは目標を月間で5%アップに定めて、それに向かっていくだけです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です