悪化したのは目標面接が原因なのか?


(前のエントリの続きです)
先日のエントリで書いた目標面接を行ってから調子がすっかり悪くなってしまいました。 気分が落ち込む状態になって吐き気と発熱に見舞われるようになったわけです。
会社的には目標面接というのは人事制度上必須の事項なのでやらないわけに行かないし、そうなると好むと好まざるとに関わらず「出来ない自分」と「無理する自分」を意識せざるを得ないわけです。 ということは、必然的に「頑張らなくては」という事になって、症状を悪化させてしまうんですね。
1日休めば今までもどうにかなったので、そんなモンだろうと高を括っていたら2日目もダメで、結局緊急で病院に駆け込むことになった次第です。 そこで抗うつ剤を増量して様子を見ることになりました。 次回は約2週間後ということで、その時の状況によっては再度増量することも考えられるでしょう。
取り敢えず今のところは落ち着きを取り戻しつつありますが、いつ再発するか判らないだけに周囲への影響(迷惑)を考えると、一日でも早く治したいと思っています。 でも、長期休暇が取れない以上は時間をかけて治すしかないんだよなぁ…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です