ノウハウ


情報システム部門に異動してから早5年。 その間いろんな事がありまして、いろんな作業を行い、社内では誰も持っていないノウハウを蓄積することが出来ました。 もちろん仕事だけではなく、個人的に自宅でサーバーを立てたり外部のサーバーを借りたりしていることもあり、そこで蓄積したものも多々あったりします。
この5年間で行ったことを整理すると…
1.基幹業務システムの更新担当になり社内の多くの職種について勉強した。
 その流れで、基幹業務システムの更新作業も担当した。
 全更新は会社の歴史上も初めてらしい。
2.社内ネットワークインフラの全更新を行った。
 これも会社の歴史上初めて。いろんな事を学んだ。
3.サーバー室の全移転を行った。ラックも全て入れ替えたりした。
 ラック一つの移転を取っても多くのことを考えなければならないことを学んだ。
4.サーバー機器の全移転を行った。
 お金がないので業者に頼めず、夜中にチマチマと一人で作業したことも…
5.インターネット含むWANの回線の全切替を行った。
 業者も全て変わったため多くの作業が発生したが、多くの勉強も出来た。
 インターネット系サーバーの移転に関しては、個人でも何度か経験したのでバッチリ。
6.イントラ・文書管理システムの更新のためRFPを作って、現在のところ導入作業中。
 情報システム部門としてRFPを作成したのは、おそらく会社史上初めて。
 他部署が依頼した業者の現場ヒアリングに立ち会い、現場ヒアリングの行い方などを学んだ。
特にIT関連企業の方々とのお付き合いが生まれ、その中で彼らが持っているノウハウを多少なりとも吸収できたのは非常に大きな収穫でした。 特に、現場ヒアリングというものは全く馴染みが無く、どのように行っていったらいいのかさえ判らなかったので、問題点も含めていろんな事が判り本当に大きな収穫だったと思う。
後は、このノウハウを如何に次代に引き継いでいくのかということだと思うのだが、はやり中堅クラスだと今まで自分が行ってきたこともあるでしょうし、それを全否定するような事態を良しとできない人もいるでしょうから難しいところです。 自分が学んできたことを捨てずにプライドだけを捨てられるような人材がボクの下に付いたときに引き継いでいこうと思っています。
ただ、ノウハウを元にした協力は社内各部署に対してしていきたいと思っているので、システム導入とか移転とか、何かあれば御相談には乗っていこうかと思っています。 まぁ、御相談をしていただけないで担当者が突っ走っちゃい、失敗しそうな例が最近はあるので手の差し伸べ方を考えなくてはならないのですが…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です