南の空ライブカメラはこんな感じでやってます

LINEで送る
[`evernote` not found]

昨日復旧したライブカメラはこんな感じでやっています。

IMG_7786

カメラは富士フイルムのAXIA ix-1というトイカメラ。それを金具で窓枠に固定しています。その関係上、上下ひっくり返して設置されています。上に乗っているのは結露防止用のファン(まぁ、CPUファンなんですが…)でして、かなり強力に結露を防いでくれています。

パソコンは、先日まで約17年もののVAIOを使っていましたが、現在は約13年もののMURAMASAを使っています。画面はこんな感じで、札幌の方が開発して無料公開しているListCamを使っています。また、Windowsは不安定なので定期的に自動再起動させるためのアプリも常駐させています。

ListCam-20141201

実はix-1用のドライバが既に公開終了しているため、今回はix-1で使われているSTV0680というチップの汎用ドライバを導入して使っています。その為、カメラが「STV0680 Camera」として認識されています。この情報は色々検索して探しているうちに見つけた「自宅サーバでLiveカメラ」というページに書かれていた(Linuxでの例ですが…)ので、それを参考にWindows用のドライバを探して見つけました。大変助かりました。

という事で、復旧作業は約6時間くらいかけて行いまして、そのうち約4時間は情報検索に費やしたという、なんとも苦労した作業でした。先の情報がなかったら途方に暮れているところでした。

LINEで送る
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です