日本の不景気の元凶は?

LINEで送る
[`evernote` not found]

今週の日経ビジネスに面白いことが書いてあった。 東洋大学の高橋洋一教授の話として書かれているものだが、日本の景気減速の元凶は金融引き締め政策にあるということである。 そして、その政策を実行した責任者は現日銀総裁の白川方明氏と現経済財政担当大臣の与謝野馨氏なのだそうだ。 なので、大変残念なことに金融引き締め政策の見直しを行うことは、ほぼ確実にないだろうとの見方。
今の景気減速を止めるためには、金融引き締め政策の見直しを行うことと、定率減税(公明党が選挙対策で叫いているのは定額減税)の復活なのだそうである。 従って、景気減速を止めることは非常に難しそうである。

LINEで送る
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です