絶望の淵に立たされる


今日の日経平均・TOPIXはともに大幅反落となりました。 先週末のNY市場の地合を受けて、かつ98円台という円高を受けて、マイナス圏からスタートした東京市場ですが、前場は揉み合いながらの下落傾向となりました。 後場に入ってからは急落して一時は12,400円台を割りそうな感じになりました。 14時前くらいに今日の底値を付けてからは揉み合いながらの上昇に転じて、そのまま大引けを迎えました。
今日のところは、年度末のドレッシング買いが入らず金曜日に買った人たちの利益確定売り(もしくは投げ)に押された感じと言ってもいいでしょう。 前場途中まではドレッシング買いの期待もあったのですが、前引けを見ると期待外れという感じだったようで、後場に入ってから投げ売り状態になったのかもしれません。 かねてより、「下落の速度は速いが上昇の速度は遅い」と言われていますが、まさしく今日はその典型で先週4日間かけて上昇した分を1日で失う結果になっています。 マーケットに春が訪れるのは、まだまだ先のようです。

本日のデータ
日経平均終値
  12,525.54 -294.93 -2.30%
TOPIX終値
  1,212.96 -30.85 -2.48%
東証一部規模別
  大型株指数 -37.59 -2.91%
  中型株指数 -24.00 -1.87%
  小型株指数 -24.41 -1.47%
日経平均プラス寄与度上位
  ファーストリテイリング +5.37
  アサヒビール +2.07 +7.43
  キリンHD +1.82 +9.25
  テルモ +1.24 +10.49
  日清紡績 +1.07 +11.56
日経平均マイナス寄与度上位
  京セラ -16.93
  ホンダ -12.39 -29.33
  KDDI -12.39 -41.72
  トヨタ自動車 -11.15 -52.87
  ファナック -8.26 -61.13

今日は何もできませんでした。 朝早いうちなら少量だけ突っ込めたのですが、結局手が出ませんでした。 精神的に弱いので、昼休みには寝てしまいまして、起きたら大引け直前でした。 既に、絶望の淵に立たされておりまして、為す術がないという感じになっています。

サイバー・コミュニケーションズ(4788 40株 持ち越し

というわけで、今日の状況は以下の通り。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です