今日はマザーズが強かった


今日の日経平均・TOPIXはともに小幅反落となりました。 今日は3月決算銘柄の配当落ち日と言う事もあり、マイナス圏からのスタートとなった東京市場ですが、前場は徐々に値を切り下げて下値模索の動きとなりました。 後場に入ってから一旦は上昇したものの、反落し配当落ち相当分(100円チョット)くらいの所での揉み合いとなりました。 14時くらいから急速に上昇を始めると、そのまま上昇基調で大引けを迎えました。
今日は3月決算銘柄の配当落ち分が103〜5円くらいあるので、そこから逆算すると60円くらいのプラスで終わった感じになるかと思います。 全体的には、機関投資家などが手控える中での薄商いという状況ながら、比較的強い相場だったのではないでしょうか。 そんな中、東証マザーズ指数がネット関連銘柄に引っ張られる形でプラスになっており、強さを示した感じになっています。

本日のデータ
日経平均終値
  12,706.63 -38.59 -0.30%
TOPIX終値
  1,237.55 -5.43 -0.44%
東証一部規模別
  大型株指数 -7.35 -0.57%
  中型株指数 -2.58 -0.20%
  小型株指数 -4.61 -0.28%
日経平均プラス寄与度上位
  KDDI +4.13
  三菱商事 +3.72 +7.85
  富士フイルムHD +3.72 +11.56
  三井物産 +3.51 +15.08
  住友金属鉱山 +3.47 +18.55
日経平均マイナス寄与度上位
  アドバンテスト -9.50
  キヤノン -8.67 -18.17
  東京エレクトロン -7.85 -26.02
  クレディセゾン -5.16 -31.18
  エーザイ -4.96 -36.14

今日もサイバー・コミュニケーションズに粘着して取引しました。 昨日持ち越した分も含めてコツコツ戦法で、続々利確してポジション無しとしました。 今日はサイバーエージェントに材料が出て高騰した事による連れ高みたいですけど、一時ストップ高(なぜか値幅が5,000円じゃなくて4,800円だけど)になっていました。 チョット反省材料があるのは、ストップ高を見越して高値でインした分だけど、少々無謀だったみたいで薄利で利確するハメになりました。 冒険するのは良いんだけど、連れ高の時は張り付かないので注意が必要ですね。

サイバー・コミュニケーションズ(4788 16株 持ち越し 62,000売り +5,600円
サイバー・コミュニケーションズ(4788 8株 59,800買い 60,400売り +4,800円
サイバー・コミュニケーションズ(4788 8株 60,900買い 61,400売り +4,000円
サイバー・コミュニケーションズ(4788 8株 61,600買い 62,200売り +4,800円
サイバー・コミュニケーションズ(4788 8株 63,000買い 63,400売り +3,200円

というわけで、今日の状況は以下の通り。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です