喉元過ぎれば…


「発掘!あるある大事典II」の捏造発覚事件から約一年が経って、そろそろ視聴者の記憶からも消え去ってきただろうとでも考えたのだろうか、日本民間放送連盟を除名された関西テレビ放送が復帰するそうだ。 「喉元過ぎれば熱さを忘れる」とは良く言ったもので、最後の護送船団の対応は「視聴者の記憶が消えたら無かった事にする」というものだった。
以前、民間放送局に籍を置いたものとしては大変に残念な対応であり、改めて「放送局は最後の護送船団」であることを認識させられた。 護送船団だから誰も「No!」とは言えず、シャンシャンで復帰を決めるのであろう事は想像に難くない。 まるで視聴者を小馬鹿にするかのような対応であり、本当に情けないと思う。 最低でも3年、できれば5年は除名処分の継続をして欲しかった。
まぁ、系列の会議とかに参加しても「キー局さまさま」であり「No!」と言えない会議である事は知っていた(でも、自分は相当にNo!と言ってきたが…)ので、予想通りの結果となるのが本当に残念であり、また、大変複雑な気持ちになっている。 今は一視聴者に過ぎないが、基本的にバラエティと報道・情報番組の境目を理解しない放送局の番組は見ないようにしている。 ぶっちゃけ、過剰演出が見えてしまって面白くないからだ。 この体質が変わらないと、再び同じような事件を繰り返す事になるんだろうと思う。
護送船団に自浄効果がないのが、本当に残念だ…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です