日銀も大胆な政策を


世界同時株安(暴落)の状況の中、昨日から開催されていた日銀の政策決定会合にて「金利据え置き」が全会一致で決定された。 でも、各指標が日本の景気後退も暗示するかのような数字が出ている以上、そして世界的な不安から世界同時株安の状況になっている以上は、もっと踏み込んで25ベーシス(0.25%)の利下げをしても良かったのではないかと思う。
アメリカの政策も後手後手に回っているが、その様な状況を見て日本は同じ轍を踏まないように対応して欲しいものだ。 取り敢えず、福田政権はようやく重い腰を上げるようで、渡辺金融担当大臣から「株安ですぐに対応できるようにしたい」という発言が出てきたようだ。 しかしながら、世界中が「待ったなし」の状況に来ているのは間違いのない事実であり、ノンビリもしていられないという事だけは肝に銘じて欲しいと思う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です