WiMAXの免許はおかしい

LINEで送る
[`evernote` not found]

WiMAXの免許に関して、KDDIとウィルコムの2社に内定したようであるが、会社情報を調べていて驚いた事がある。 それは、株主構成だ。 以下に記す。
KDDI:京セラ(12.8%)、トヨタ自動車(11.1%)、東京電力(8.0%)…
ウィルコム:カーライルグループ(60%)、京セラ(30%)、KDDI(10%)
これって、資本関係ありまくりの京セラ・KDDIグループで2波とも独占するって事に成りはしませんか? なんだか、変な話ですねぇ。 このような事実があるのならば、総務省はKDDIグループとしてウィルコムと協業で行うように勧めるのがスジだと思うんだけど、どうなんだろうか?
結局、「NTTドコモ・アッカ」グループと「ソフトバンクモバイル・イーアクセス」グループが、わざわざグループとして纏めてバカを見たという話になりはしませんかねぇ。 確かに、既存通信キャリアの出資制限はあったので、KDDIが1社でやるわけではないのですが、KDDIグループで独占しているように見えるのは自分だけではないはずだ。 総務省には、国民に対して、この辺の事情を説明する責任があるのではないだろうか。

LINEで送る
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です