検証(11月5日版)


11月5日の終値ベースで、日足・週足の両方で買いサインが点灯してる銘柄は以下の8銘柄ありました。
 △ リード(6982
 △ アジアパシフィックシステム総研(4727
 △ タカギセイコー(4242
 △ 不二製油(2607
 △ 日本電産リード(6833
 △ 木曽路(8160
 △ グリーンフーズ(3367
 △ チャイナ・ボーチー・エンバイロメンタル(1412
出来高、チャートの形などを考慮して特に注目する銘柄は▲、それ以外は△にしてあります。
なお、この情報を使って投資をされる場合は自己の責任において行われますよう、強く御願いいたします。
以下、監視継続中の銘柄(▲銘柄)に関する情報です。
本日は監視銘柄に関して売りサインの点灯は3銘柄ありました。 10月31日の銘柄でゼクスとイー・キャッシュ、11月1日の銘柄で綜合警備保障に売りサインが点灯しましたので、監視対象から除外します。 あと、本日分の追加はありませんので、現在のところ監視銘柄で残っているのは、以下の6銘柄となります。
 10月25日 オークワ(8217
 10月30日 NTTドコモ(9437
 10月31日 住生活グループ(5938
 10月31日 アサヒビール(2502
 11月01日 カワチ薬品(2664
 11月02日 THK(6481
今日の地合の悪さの中でも、レーティングの格上げがあったNTTドコモとアサヒビールは大陽線を引いて逆行高していますので、明日以降も期待大です。 他の銘柄は陰線引けとなっており、地合の悪さに引きずられた形になっています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です