目の前で津波注意報が出ているのに対応しない放送局


先ほど、サハリン南部で地震があり北海道の西部に津波注意報が出た。 札幌とは目と鼻の先にある石狩浜(札幌市民が良く行く海水浴場がある)も津波注意報の範囲に含まれている。
なのに、津波注意報に関する情報を出さない民放が複数ある。 確か、社内の規定ではCM中も含めて出すはずだが、一切出されていない。 彼等はいつの間にか北海道の放送局であることを忘れてしまったようだ。
結局、津波情報を流している放送局にチャンネルを変えざるを得ないのである。 視聴率が低いからなのか、北海道民に有益な情報を流さないというのは、北海道の放送局である意義がない。 将来的に競争原理が導入されたときには、真っ先になくなって欲しい放送局である。
追記:
14時過ぎにようやく全局対応したみたいです。 それにしても、対応が遅い放送局はいただけないですね。 非常時のことを考えると、信頼性は非常に低下(=見る価値無くなる)してしまいます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です