監査法人の責任は?


ここの所、上場企業の突然の破綻や上場廃止が続いている。 原因は、監査法人が決算に関して「疑義」を唱える事によるものである。 ところが、おかしな事に一度「疑義」を唱えると過去にさかのぼって「決算がおかしい」という話になり、最悪のケースとしては債務超過となり破綻するような事態が発生しているようだ。
ここで問題なのは、過去にさかのぼって「おかしい」とするならば、何故その時に指摘をしてこなかったのかと言うことになる。 監査法人が監査法人としての役割をキチンと果たしていれば、その様な事態は発生しないはずである。
結局、監査法人が疑いを持って決算の状況を見てこないから重大な問題を見逃してきたわけであり、そういった意味では株主に対しての背信行為を行っているのは何も問題を起こした企業だけではなく、監査法人も同罪であると言わざるを得ないのではないだろうか? 何故、監査法人のあり方が問題視されないのか、一連の状況を見ていて大変疑問に思うのだが…
金融庁も監査法人の問題点に関して黙して語らずではなく、何らかのアクションを起こして欲しいと思う。 このままでは、一方的に被害を被るのは株主だけではないだろうか? 先頃破綻した某社の連結親会社の代表は他人事のようなコラムを自社のウェブで発表しているようだが、親会社としても責任は逃れられないはずだし、その親会社を監査している監査法人も責任を逃れることは出来ないように思うのだが、いかがだろうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です