投資信託の信託報酬

LINEで送る
[`evernote` not found]

投資信託にはいろんな手数料がかかる。
一番判りやすいのは販売手数料で、購入時に取られるもので単純明快だ。 次に分かり易いのは信託財産留保額と呼ばれるもので、回りくどい言い回しだが一種の解約手数料なので、解約時に取られるものである。
で、一番問題なのは信託報酬と呼ばれるものである。 これは、日々計算されている(らしい)ものなのですが、何時・どのような形で取られるのかが良く判らない。 個人のブログなんかを見ていると「毎年かかる」という表現をされている方が非常に多いので年一回取られるもののようにも見えるし、あるサイトでは「基準価額自体が既に信託報酬を引かれているものである」という表現をされていたりもする。 後者だと、知らぬ間に毎日取られていることになる。
一体、どちらが正解なのだろうか? 教えて!エライ人!

LINEで送る
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です