リスク管理


情報システム部門は会社全体の業務に影響するのでリスク管理が大変重要になる。 だから何らかの作業をした翌日もしくは翌営業日には万全の体制で臨む。 それは、猫の手も借りたい状況になることを想定して人員を確保しておくのだ。 あまりにも当たり前のことだから引き継ぎ事項に入れていなかった。
7月1日付人事に対応するために土日も出てきて作業をしたようだが詰めが甘かった。 企業にとっては”営業日“という概念が非常に重要な意味を持つのに、兵隊の一人を遅出にしてしまった。 たとえ使えない兵隊でもネコの手程度にはなるのに…
結果、かなりあたふたしているように端からは見えた。 ボクの端末も朝イチの段階でセットアップがなされるはずだったのだが、約束したスタッフ君が遅出の張本人だったので若干遅れてしまった。 つ〜か、遅出なら打ち合わせした時に言えよ!ヴォケ! 現場の人間に対する意識の希薄さなのか、彼からは謝罪の言葉もなかったよ…orz
そういえば、彼にUSBケーブルの発注(倉庫から出してくるだけ)を御願いしたのに、対応されないまま帰宅されてしまったので勝手に持ってきたさ。 現場に出て見えてくることが、ボコボコ見えてきて今の情報システム部門の体制の酷さを目の当たりにしたって感じですわ。
ちなみに、漏れ伝わるウワサによると10月も人事の規模は大きそうだと言うことだ。 この時期の人事では聖域になっている技術系の異動を行うために… 出戻った彼も人事制度上、今度は技術系以外に出ないといけないしねぇ。 今回発生しなかった技術系部門内部のシャッフルも絶対に行わなければならないしね。 なのに、大丈夫なのだろうかと心配になるよ。 あと3ヶ月しかないんだけど…
今度はリスク管理をしっかりして欲しいと思いますわ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です