過ちを繰り返す会社は…


ウチの会社には大なり小なりウェブに関係している部署が3つある。 たかだか170人程度の社員の会社で、である。 一つは某コンテンツ部門のようにウェブを中心とした“デジタル”コンテンツを取り扱う部署。 もう一つは某営業企画系部門のように営業関連の企画なども行う部署で、営業絡みの物を扱っているらしい。 そして3つ目は某経営企画部門のように新しいコンテンツやテクノロジを研究することになる部署である。
これだけでも驚くべき話なのだが、その他にプロジェクトが二つある。 正確に言えば二つになる。 一つは「ウェブなどの活用検討」を行うプロジェクトだそうで何の因果か途中から巻き込まれてしまいました。 もう一つは「セールスを検討」するプロジェクトだそうだ。 事の発端は広告代理店から持ち込まれたときに検討をする場がなかったとか言うことで出来るのだそうだ。
何言ってるんでしょうね。
まぁ、ウチの会社の凄いところは、これだけウェブ関連の部署やプロジェクトがあるというのにウェブ関連に詳しい人間や、新しいテクノロジに興味がある人間が全く入っていないと言うことなのだ。 正確には「自称」新しいテクノロジを知っているとか興味があるという人たちは入っているのだが、彼らの知識レベルは世間より5年は遅れているので、検討した結果なども世間より5年は遅れているのである。
そう。
そのように、本当の意味で「使える」人たちを集めないで「自称」系の人たちを集めるから、いつも失敗するのである。 毎度毎度同じ事を繰り返し、同じ過ちを犯し続けるのである。 ダメ人間集めても結果はダメしか出てこないのが未だに判らないらしいのだ。 おかげでライバル社との格差は開くばかり…
イイカゲン、気が付いて欲しいものだが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です