どうなる事やら…


「デジタル放送は見る人いねぇ」とか「金ねぇ〜」とか言っていたクセに、ここに来て急にデジタル放送へ向けたムダな投資が始まっているのは、どこの局も一緒なのでしょうか? だいたい、技術系社員で真っ当なのなんて両手分もいないような局で、あっちもこっちも「デジタルだ」とか「HDだ」とか言って1年くらいで相当数の設備更新を行おうとしているんだから無理も来るというものだ。
今日なんて狭いラック室で工事がバッティングしててんやわんやの大騒ぎだし、某制作技術部門とか某コンテンツ部門とか某放送運用部門とか工事に関係する部署の社員が誰も立ち会っていないモンだからひどいもので、誤ったところにケーブル引っ張ったりして「大丈夫かいな」という状況。 こっちにトバッチリが来そうなものは修正してあげたけど、そうでないものは放置! だいたい、工事に関わる主幹部署が布線系統図とか貰ってないんだから「何が正しい」のか「何が間違っている」のか判りゃしないのだ。
別件で某コンテンツ部門と某制作技術部門との間で近い将来必要になる接続に関してリサーチに行ったのだが「全く考えていない」のだそうで、本当に大丈夫なのか?という感じ。 そもそも、設備更新するにも関わらず現状把握が出来ていないから、更新したとたんに一部で運用上の不都合が生まれそうな気配。
他のメンバーもそうだが、何だかうちの部は他の部署がやっていることの調整とか仲介とかそんな役目ばかりやっている状況なのが大変気になるところ。 本当の仕事は別の所にあるのに… 今日も、某コンテンツ部門の仕事に関する資料作りをしていたしなぁ。 何時になったら自分達のしたいことが出来るようになるのだろうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です